小児に対する予防矯正治療について|矯正専門医|関洋一郎オフィシャルサイト

矯正専門医 DR.SEKI オフィシャルサイト
将来のかみ合わせがすこしでも良好な状態になるように予防・管理することが必要です。乳歯から永久歯へ変化するこの時期は、体全体にとっても成長期であり、もちろんお口の周囲の骨や筋肉なども成長します。正しい方向へ十分に成長できれば問題ないのですが、時に、かみ合わせが原因で顎の成長が少なくなってしまったり、ずれた方向へ成長してしまったりすることがあります。全ての歯が永久歯に交換する前にこれらの問題点を解消し、正常な成長軌道にのせてあげることが大切です。

この時期に使う主な装置は、取り外し可能な装置が多く、固定式の装置も部分的に使用する場合がほとんどです。お子様に余計な負担をかけずに治療することで、矯正治療に対して前向きにできるのです。小児予防矯正を受けておけば、永久歯に生え換わってから行う、仕上げの治療も早く終了したり、仕上がりがきれいになります。時には仕上げの治療を行わずに良くなってしまう場合もあります。専門医の見解としては第二大臼歯が生え終わりかみ合わせを確認して終了するということが望ましいと考えます。
またお子様の治療において注意が必要なことは、本人のやる気です。やる気がなく無理やりやらされていると感じると、子供は必要以上に無気力になったり、反抗的になったりする場合が多いです。そのため歯磨きがおろそかになり、装置周囲の歯がすべて虫歯になったり、歯ぐきは腫れて歯ブラシが当たっただけで出血したりする病気になったりします。

大切なのはご家族の理解のもと本人に矯正治療の必要性と将来の喜びを伝えて、前向きに治療を進めることです。そのためには先生まかせ、本人まかせではなく患者本人と一緒に治療を行っているという意識が親にも必要です。ご自分のことと思って接してあげることをお勧めします。

また、お子様の治療や歯磨きなどお困りの際は、いつでもスタッフに相談して頂きたいのです。我々も一緒に指導し、励まし、患者様のためにできることをお手伝いしていきます。
矯正歯科の素晴らしさ
大人の矯正治療について
小児に対する予防矯正治療
矯正歯科の素晴らしさトップへ
患者様の声
よくあるご質問
対談・コラム